YouTuber

【元・潤羽るしあ(みけねこ)】が原神でまた大炎上!?炎上理由とSNSの反応を調査!

2022年2月に所属事務所から契約解除された「潤羽るしあ」さんの中の人である「みけねこ」さんが原神というゲームでまたもや炎上してしまったようです。

今回の記事では「潤羽るしあ」さんが原神で炎上した理由とSNSでの反応を調査してみました。

今回の記事でわかること
  • 潤羽るしあさんのプロフィール
  • 潤羽るしあさんの炎上理由
  • ネットでの反応

潤羽るしあさんのプロフィール

潤羽るしあさんは2019年4月よりホロライブ3期生としてデビューしました。YouTubeをはじめ様々なメディアで活動開始し、2021年3月にはYouTubeのチャンネル登録者数は100万人を超える大人気バーチャルYouTuberでした。

幅広いゲーム実況が人気を呼び、ホラーが好きということもあってかホラーゲームが多い印象でした。

日本経済新聞によると、2020年11月18日時点でスーパーチャットの収益は1億2438万円となり、世界で2番目に高い収益であると言われていました。

残念なことに2022年2月24日に所属事務所との間で契約違反が生じたとしてタレント契約が解除され、YouTubeアカウントについても3月31日23時59分で終了すると発表されました。潤羽るしあさんのアカウント終了により、今まで公開されていた動画は非公開となりました。

 

潤羽るしあさんの炎上理由はゲーム実況!?

潤羽るしあさんが「みけねこ」名義で再スタートし、配信を行なったゲーム実況が原因です。問題は「原神」というゲームが発端になっています。

まず、原神プレイヤーであり「みけねこ」さんのある1人のリスナーが、とあるプレイヤーに原神のレベル上げを手伝ってもらえないかと頼んだことからはじまります。

頼まれたプレイヤーは、原神の仕様上レベル16になっていないとマルチプレイが出来ず手伝うことができないと説明しますが、「アカウントを渡すのでレベル上げをしてほしい」、「アカウントを売ってほしい」と食い下がります。

しかしアカウントの売買は規約上禁止行為にあたるため、丁重にお断りをしますが暴言を言われてしまいます。

暴言を言われたプレイヤーは、注意喚起のために「みけねこ」のハッシュタグをつけてツイッターでツイートします。

それを見たみけねこさん本人は該当ツイートを引用して「とても迷惑している」「捏造されている」「営業妨害としても対処させていただきます」とツイートしました。(該当ツイート削除済み)

注意喚起をツイートしたプレイヤーはツイートを削除し、タグを消した上で注意喚起を再ツイートしますが、時すでに遅く、みけねこさんのファンやリスナーの方からの攻撃を受け原神を引退することになりました。

 

ネットでの反応

 

ここでご紹介したのは一部ですが、原神というゲーム自体が悪い意味で名前が出てしまったことや、潤羽るしあさんのファンに対して注意喚起すべきだったと主張する者、潤羽るしあさんを擁護する声などが上がっています。

実際に潤羽るしあさんが直接プレイヤーを引退に追い込んだわけではないので、注意喚起すべきだったという声も、擁護する声もどちらも気持ちはわかります。

契約解除された矢先の出来事だったので殊更に注目されてしまった部分もあるとは思いますが悲しい出来事ですね。