東京五輪

【写真】男子110mハードルの金井大旺選手がイケメンでメダル候補!?

男子110mハードルの『金井大旺』選手がイケメンでかっこいいと話題になっています。

また、今回の東京五輪が最初で最後のオリンピック出場ということで各メディアからも注目されている選手の一人です。

今回はそんな話題の『金井大旺』選手についてメダルの可能性を予想していきたいと思います。

今回の記事でわかること
  • 金井大旺選手のプロフィール
  • 金井大旺選手のイケメン画像
  • 金井大旺選手のメダル獲得の可能性

金井大旺選手のプロフィール

  • 氏名:金井 大旺(かない たいおう)
  • 国籍:日本
  • 競技:陸上競技 (障害走)
  • 種目:110mハードル
  • 所属:ミズノトラッククラブ
  • 大学:法政大学
  • 生年月日:1995年9月28日(25歳)
  • 出身地:北海道函館市
  • 身長:179cm
  • 自己ベスト:13秒16

2019年2月1日よりミズノトラッククラブ移籍して活躍しています。

移籍前からプライベートでもミズノのシューズを愛用するほどミズノが好きなようですね。

こちらの水色のスパイクがオリンピック本番で使用するスパイクだそうです。

金井大旺選手イケメン画像

金井大旺選手はイケメンで実力もすごいということで人気がありますが、実際の写真をみてもイケメンですね!個人的には俳優の「森山未來」さんに似ていると思いました。

そして下の写真が俳優の「森山未來」さんです。ネットでは「三浦翔平」さんにも似ているということですが、そこまで似ていないように感じます。

(上:森山未來さん)

(上:金井大旺選手)

(上:三浦翔平さん)

 

金井大旺選手のメダル獲得の可能性

東京五輪での金井大旺選手のメダル獲得の可能性は十分にあると思います。

その理由は、2018年に「日本陸上競技選手権大会」で優勝し日本新記録を出してからも2021年4月29日に行われた「織田幹雄記念国際陸上競技大会」で再度金井選手が自己記録を0.11秒上回る13秒16で日本記録を更新してアジア歴代2位でオリンピック代表の標準記録13秒32を上回りました。

今回が最初で最後のオリンピックですが、日々記録を更新し続けているので世界記録である12秒台ももしかしたら狙えるのではないかと思います。

後輩育成にも熱心な様子で、国内のライバルである「泉谷選手」にアドバイスを送ったりすることもあるそうです。

金井選手本人は、「世界を見据えて日本のレベルの向上につながるといいから国内選手はライバルではなく仲間として見ている」とインタビューで語っていました。

また、金井選手のお父さんが歯科医をしており、今回のオリンピックが終わったら歯科医の学校に通い本格的に歯科医を目指すそうです。

オリンピック選手すべて特別な気持ちで臨むのは当然ですが、引退試合でもあるため一際オリンピックにかける気持ちは強いのではないでしょうか。

アジア歴代2位というすごい記録を持っている選手なのでメダル獲得に期待ですね!

まとめ

今回の記事では以下の点についてまとめてみました。

  • 金井大旺選手のプロフィール
  • 金井大旺選手のイケメン画像
  • 金井大旺選手のメダル獲得の可能性

イケメンでありながらすごい記録をもっている金井選手にはぜひオリンピックでも記録を更新してメダル獲得を期待しています!